会員寄稿




みなさんのページ

福島秀男顧問(S18政)が新聞に掲載されました/東京新聞H27.8.11

福島秀男顧問(S18政)が新聞に掲載された記事を紹介します。
・東京新聞(H27.8.11掲載)  ・読売新聞(S60.9.27掲載)

墨田区三田会さんの写真←ラジオ体操会場の福島顧問

東京新聞 H27.8.11から

「新しい朝が来た 希望の朝だ〜」
7月31日、東京都墨田区の緑町公園での体操会。青空の下に集まった150人を前に、同区の卸売業福島秀男さん(94)が指導した。

ラジオ体操歴48年、10年以上風邪知らず。

「毎日同じ場所、時間に春夏秋冬の美しさを感じつつ健康に過ごす喜びは大きい。100歳になる2020年の東京オリンピックまで続けたい」と話す。

H27.8.11 東京新聞・掲載記事

墨田区三田会さんの写真

また、昭和60年9月27日に読売新聞からも取材を受けていらっしゃいますので、併せて紹介いたします。

 読売新聞 S60.9.27から

「毎日が理想的な体調でね」。墨田区亀沢で鑢専門問屋を経営する福島さんは自慢のつやつやした髪をかきわけながら胸を張った。

管理社会とかストレス社会、あるいは半病人時代とか言われる現代にあって、「いつも理想的な体調」と自信を持っていうこの人の健康の秘けつは十八年続けている早朝ラジオ体操である。

福島さんの一日を追ってみた。朝五時三十分に起床、六時に街に出る。自宅から隅田川沿いに、三十分間約三㌔の散歩。間に十分間だけ駆け足を入れる。「漫然と歩くだけでもつまらない」と、長年の間にあみだした福島式ジョギングである。目的地はラジオ体操会場の都慰霊堂。三三五五集まってきた参加者は四、五十人。六十歳から八十歳までのお年寄りが多い。

六時半きっかりに、音楽が鳴り始めると、ラジオ体操始まる。第一、第二体操合わせて十分間、身長一㍍六八、体重六十㌔。均整のとれた体が実にしなやかにきびきびと動く。

「朝が早いから、人も車も少なくって静かでねぇ。雨上がりの日なんか、空に浮いているゴミが洗い流されるせいか、空気がきれいで気持ちがいい。それに、春は黒提の桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色、こんな東京の街中でも、景色があって楽しいものですよ」。そう語る福島さんは、身を乗り出し、目を輝かせ実に楽しそうだ。

三代目の江戸っ子である。祖父、由太郎さん(故人)が明治十四年に福井県から上京。今、ヤスリ問屋を営むこの地で、ヤスリ製造会社を経営、二代目三郎さん(故人)、秀男さんと続く。その間百四年間。関東大震災、東京大空襲、終戦という激動の歴史をくぐって来た。

震災では、祖父と家族と使用人など二十人が被服廠(現都慰霊堂付近)で焼け死に、祖父と三男で福島さんの父、三郎さんとその弟が生き残った。

太平洋戦争では、福島さんも昭和十八年から二十一年まで三年間、北京、南京などの各地を転戦。復員してみると、大空襲で、土蔵を残しすべて灰になっていた。

「家族が無事だっただけでも幸運でした」と福島さんは当時を振り返る。

終戦の翌年に帰国して、ヤスリ卸問屋を再開、戦後の混乱の中で無我夢中で働いた。

「これで何とか食って行けそうだ」と生活にゆとりが感じられるようになったのは、高度成長期の昭和四十二年ごろ。ふと気づくと、五十の坂も間近で、長年の無理がたったのか胃の具合が悪いかと思えば、肩がこったり、いつも何やら体調がおもわしくない。そのころ近所で早朝ラジオ体操をしているのを聞き、軽い気持ちで参加したのが習慣になった。

「年齢的にも経済的にも、ちょうど私の人生の転換期にであったかもしれません」と、福島さんはいう。

朝早く起きると、昼の時間がたっぷりとある。その時間を利用して、福島さんは五年前から詩吟も始めた。ラジオ体操のおかげで声がよく出るせいか、最近では同門の競演会などで優勝するまでに上達した。

「たかが十分間のラジオ体操が、これほど後半生を充実させてくれるとは、思いもよりませんでした。福島さんは、かけがえのない友をいつくしむようにそう語った。

 S60.9.27 読売新聞・掲載記事↓

SKMBT_C55415100109500_0001

 

 

 

2015年9月30日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai

「気品の泉源はダイエットにあり」寄稿:稲嶺幹事長

寄稿:墨田区三田会 幹事長 稲嶺清孝(昭和55年経済卒)

CIMG0669

 

昭和55年(1980年)経済卒業の稲嶺です。

下町育ちの粗忽者で、まちがっても上品とはいえない雰囲気を持っていますが、慶應義塾の目的として掲げられている「気品の泉源、知徳の模範」という言葉が大好きです。

気品のある人間になりたいと思い続けています。

日吉の高校に通っているころから、友人の勧めでオーケストラの会員になって月に一度音楽鑑賞を始めました。東横線のなかでクラッシクの楽譜(スコア)をみて「気品のある生活だなあ」とひとり悦にいっているという高校生でした。ちなみに音符は読めないので、今風にいう「エア・クラッシクファン」というインチキをやっていました。

それからも「気品ある人生」への憧れは続きます。最近ではワインに詳しくなって気品を身につけようと思い立ち、ワインのセミナーに出席したり各地のワイナリーを廻ったり、はたまたボジョレヌーボー解禁といえばホテルで深夜にカウントダウンして大騒ぎをして新酒を飲んだりしていました(写真)。

「このワインのブドウはピノノワールに似ているね?」などと周りに圧(あつ)を与えながら、少し上品な人間になったような錯覚に陥っていました。しかし、もともとアルコールに弱いうえ、味覚も乏しかったのでワインの道は究めることはとうてい無理だとすぐに気づきました。

あるお店でワインと思って飲んでいたのが日本酒だった時には自分自身ガッカリしました。去年からはウイスキーのわかる「大人の気品」に触れようと思い立ちましたが、これも暗礁に乗り上げています。

ここはひとつ考え方を変えて、気品を藤原正彦氏の「国家の品格」でいうような武士道に求めようかと思っています。

武士は食わねど高楊枝。この精神でいこう、がつがつ食するのではなく、我慢に我慢を重ねる、これが品格だ、気品だ、と結論づけようかと思います。

つまり気品ある人間はブクブクせずに、すっきりした体型でなくてはいけないのだ、と思いはじめています。とはいうもののあいかわらず食欲は旺盛で何を食べてもおいしいし、何より空腹に弱くて、我慢してもすぐにへこたれるのですが…。

近日中に気品ある人間になる予定です。

皆さんとお会いした時に「すっきり、スマートな体型」になっていたら一歩「気品」に近づいていると思っていただきたいと思います。

 

2015年7月14日 | カテゴリー : 幹事長寄稿 | 投稿者 : mitakai

H27.5.16 春のゴルフ会が開かれました

春のゴルフ会/大千葉カントリー倶楽部にて

墨田区三田会 春のゴルフ会 (5月16日 大千葉カントリークラブ) 午前中はあいにくの雨でしたが、参加の皆さんは日頃の実力を出し切って?楽しいゴルフとなりました。

塾出身の永野千秋プロ(サトーホールディングス所属)と一緒のラウンドしていただき「目から鱗」のアドバイスをもらって参加の皆さんも大満足でした。

優勝は佐々木さん 準優勝は広浜さん 三位は初参加の鈴木敦子さんでした。

次回は11月3日の予定です。皆さんの参加をお待ちしています。

IMG_4147  IMG_4148

IMG_2794 IMG_2795 IMG_2798 IMG_2799

IMG_2793  IMG_2789

2015年5月18日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai