広く浅く 寄稿:嶋田廣雅 副会長

「広く 浅く」

寄稿:墨田区三田会 副会長 嶋田 廣雅(昭和52年経済卒)

いろんな趣味を楽しんでいますが、何をやってもモノになりません。

本人が楽しければいいですよね。何が一番楽しいかな。

「ゴルフ」かな、「かっぽれ」かな。他にもいろいろあるなあ。ゴルフはほぼ週一で、もっぱら女房とツーサムが多い。去年の平均スコアが92.80で、回数やってる割に上達していない。

マラソンは3年前に網膜剥離の疑いがあって止めたが、第1回の東京マラソン以来、冬季は一週おきに大会に出て、自己最高は5時間3分。因みにハーフのベストは1時間59分30秒。

登山は50歳から百名山を目指して、現在29座制覇。

運動だけでなく芸事も増えた。4年前から相撲甚句(新年会などで唄わせてもらって、顰蹙を買ってます)、3年前から小唄(三越劇場にも2回出ました)、さらに昨年から「かっぽれ」を習い始めて、図々しくも今夏には浅草公会堂で踊ることに。

皆さんから「いつ仕事やってるの?」と言われても返す言葉がありません。

あと、落語を聴くこと。寄席よりは独演会が多く、さん喬、権太楼、志ん輔、喜多八、圓太郎、一之輔、文菊らを追いかけている。小学生の頃に聴いた談志の「付き馬」ですっかり落語の魅力に取りつかれてしまってから、もう50年近い。長さから言うと、落語が一番の趣味かもしれない。

おっと、大事な趣味を忘れてた。幹事だ。

小学校のクラス会永久幹事、志木高の同期会ではゴルフ担当幹事、大学のJSKSクラブ(準体育会ラグビー)の学年幹事、同業者の組合で理事、すみだものづくりフェア実行委員会副委員長、そして墨田区三田会でも幹事として末席を汚している。

いろいろ列挙してみたが、結局、幹事が一番楽しい趣味かもしれませんね。こういう男が一人いるとどの会も楽ですよ。

てな訳で幹事が趣味の嶋田、どうぞよろしく。

IMG_2626 IMG_2096 IMG_2965 志木会コンペ 001

2014年5月1日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai