卒業旅行の思い出 寄稿: 中嶋副会長

 卒業旅行の思い出
 墨田区三田会副会長 中嶋 雅弘(昭和44年 商学部卒業)
IMG_0268 IMG_0195 - コピー

私事ですが、昭和44年今で言う卒業旅行とでも言うのでしょうか、当時東名高速道路の無い時代(因に名神高速道路は有りました)雀友を頼って自動車で何千㎞になるのかわからない九州一周ドライブを試みる事となりました。

先ずは、今では考えられない光景であろう、箱根のターンパイクでのオーバーヒートによる休憩。

そして友人の実家のある豊橋へ、又その友人と合掌造りで有名な岐阜の養老の友人宅へ、後で分かったことですが、友人も同様に夜中トイレには困惑したそうです。それほど家が大きく広かったのです。

そして予備校が一緒だった他のクラスの名古屋の友人宅でも一泊お世話になり、途中大阪では当時としては初めての、カウンターの中が女性だけのスタンドバーで数人と一杯やりましたが、帰京後、東京にもこのスタイルの店が出来、仕掛人は大阪だという事で「流石、食の大阪だ」と感心した思い出があります。

更に広島では、クラスの友人と別のクラスの彼の友人宅二軒の家のお世話になり、九州に向かう事となり、本州を最後に関門トンネルを通って念願の九州に到達し、現地でハマチを食べましたが、本場もんはこんなに弾力があるのかと交通事情が良くない時代か、高級店で食べられる身分ではなかったかは定かではありませんでしたが、これも又思い出の一つです。

友人の実家のある別府で宿をとり、当地の賑わいには驚かされたものです。阿蘇・天草五橋・熊本・霧島・鹿児島・宮﨑日南海岸・中津等を回りました。宿泊は鄙びた霧島と当時新婚旅行のメッカ日南海岸、それはフェニックスの林立する異国の地である様に思われました。

帰路、鍾乳洞のある秋吉台を見学し湯田温泉に宿を取りましたが、当時泊まった宿の名前は忘れましたが凄い賑わいだった事は覚えています。

偶々今年3月、広島勤務の倅夫婦とその湯田温泉に行く事になり、45年の歳月は当地の賑わいを失い下関商店街 秋吉台の土産店の疲弊、高齢化、後継者不在と聞きましたが、高速道路網、新幹線等が関係しているように思われます。

一年では高校時代の友人二人と仙台、松島・中尊寺・十和田湖・八甲田・青森、鈍行での東北周遊。帰りは青森上野間夜行で十八時間要しました。

二年でも高校の友人二人と信濃大町・糸魚川・金沢等の北陸周遊。

三年では一人で十八時間に五時間半かけての青函連絡船を使用した北海道周遊。因に金沢と札幌でクラスの友人に世話になりました。

四十五年の歳月は、日本国内のインフラを大きく変え、本当に人間を幸せにしているのでしょうかね。

スローライフの時代に思いを寄せ懐かしむ、あっしも旧い人間でしょうかね。

 

2014年9月1日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai