「気品の泉源はダイエットにあり」寄稿:稲嶺幹事長

寄稿:墨田区三田会 幹事長 稲嶺清孝(昭和55年経済卒)

CIMG0669

 

昭和55年(1980年)経済卒業の稲嶺です。

下町育ちの粗忽者で、まちがっても上品とはいえない雰囲気を持っていますが、慶應義塾の目的として掲げられている「気品の泉源、知徳の模範」という言葉が大好きです。

気品のある人間になりたいと思い続けています。

日吉の高校に通っているころから、友人の勧めでオーケストラの会員になって月に一度音楽鑑賞を始めました。東横線のなかでクラッシクの楽譜(スコア)をみて「気品のある生活だなあ」とひとり悦にいっているという高校生でした。ちなみに音符は読めないので、今風にいう「エア・クラッシクファン」というインチキをやっていました。

それからも「気品ある人生」への憧れは続きます。最近ではワインに詳しくなって気品を身につけようと思い立ち、ワインのセミナーに出席したり各地のワイナリーを廻ったり、はたまたボジョレヌーボー解禁といえばホテルで深夜にカウントダウンして大騒ぎをして新酒を飲んだりしていました(写真)。

「このワインのブドウはピノノワールに似ているね?」などと周りに圧(あつ)を与えながら、少し上品な人間になったような錯覚に陥っていました。しかし、もともとアルコールに弱いうえ、味覚も乏しかったのでワインの道は究めることはとうてい無理だとすぐに気づきました。

あるお店でワインと思って飲んでいたのが日本酒だった時には自分自身ガッカリしました。去年からはウイスキーのわかる「大人の気品」に触れようと思い立ちましたが、これも暗礁に乗り上げています。

ここはひとつ考え方を変えて、気品を藤原正彦氏の「国家の品格」でいうような武士道に求めようかと思っています。

武士は食わねど高楊枝。この精神でいこう、がつがつ食するのではなく、我慢に我慢を重ねる、これが品格だ、気品だ、と結論づけようかと思います。

つまり気品ある人間はブクブクせずに、すっきりした体型でなくてはいけないのだ、と思いはじめています。とはいうもののあいかわらず食欲は旺盛で何を食べてもおいしいし、何より空腹に弱くて、我慢してもすぐにへこたれるのですが…。

近日中に気品ある人間になる予定です。

皆さんとお会いした時に「すっきり、スマートな体型」になっていたら一歩「気品」に近づいていると思っていただきたいと思います。

 

2015年7月14日 | カテゴリー : 幹事長寄稿 | 投稿者 : mitakai