小坂名誉会長(昭34文)が三田評論に寄稿されました

三田評論(27.12月号)「社中交歓」忠臣蔵について寄稿

全文をご紹介いたします。

『義士祭・吉良祭』

小坂和明(墨田区三田会名誉会長、介護老人保健施設 秋光園理事長・昭34文)

「右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ 雲は消えても消え残る 名は千載の後までも」

ー鉄道唱歌(東海道篇)この歌を口ずさめば、一挙に三百十四年前の元禄十五年に起きた、あの天下に名だたる赤穂事件討ち入りの情景が瞼に浮かんで来る。

過去幾多の歴史学者・小説家・劇作家・浄瑠璃作者等により縦横無尽に調査研究されたこの事件は、紙数の上では日本史上一番であろうと思う。

それが私達の住む墨田区であったのであるから、忠臣蔵ゆかりの地として吉良邸跡、回向院、大高源吾の句碑等があることをまず紹介せねばなるまい。

地元では討ち入りの12月のイベントとして、吉良上野介とその家臣を供養する「吉良祭」や地場産品販売もある「元禄市」、また四十七士供養の神事「義士祭」、赤穂市と吉良町の「和解の茶会」等が開かれていることを記しておきたい。

最後に、あのドッシリとした「本所松坂町」の石碑を当区にいらしたら是非ご覧いただきたい。そこにはこう書かれている。

「松坂町トテ近世史上著名ノ地ナリ・・・江東ニ於ケル不可失ノ地名ノ永ク後世ニ伝ハラムコトヲ希ミ」とある。