会員ご招待・舞台鑑賞のご案内(渋谷文化村)

舞台鑑賞のご招待(H5政治、浅見亜希子さんより)

19894987_1505348382861999_5106545556166331716_n[1]

墨田区三田会 会員招待(株式会社キューブ・企画 浅見亜希子さん平5政治)で渋谷文化村で舞台鑑賞してきました。場所は渋谷文化村のシアターコクーンです。

生演奏のジャズとストーリーの面白さに魅力的な出演者でとてもよかったです。

7月17日までの公演で招待券の手配をいただけます。

詳しくは会員宛送信のメールをご覧いただくか、事務局までお問い合わせを。

S55経済 稲嶺 清孝

19756670_1505348379528666_6444815032946306315_n[1]  19961304_1505348386195332_6835404622798269081_n[1]

2017年7月10日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai

小坂名誉会長(昭34文)が三田評論に寄稿されました

三田評論(27.12月号)「社中交歓」忠臣蔵について寄稿

全文をご紹介いたします。

『義士祭・吉良祭』

小坂和明(墨田区三田会名誉会長、介護老人保健施設 秋光園理事長・昭34文)

「右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ 雲は消えても消え残る 名は千載の後までも」

ー鉄道唱歌(東海道篇)この歌を口ずさめば、一挙に三百十四年前の元禄十五年に起きた、あの天下に名だたる赤穂事件討ち入りの情景が瞼に浮かんで来る。

過去幾多の歴史学者・小説家・劇作家・浄瑠璃作者等により縦横無尽に調査研究されたこの事件は、紙数の上では日本史上一番であろうと思う。

それが私達の住む墨田区であったのであるから、忠臣蔵ゆかりの地として吉良邸跡、回向院、大高源吾の句碑等があることをまず紹介せねばなるまい。

地元では討ち入りの12月のイベントとして、吉良上野介とその家臣を供養する「吉良祭」や地場産品販売もある「元禄市」、また四十七士供養の神事「義士祭」、赤穂市と吉良町の「和解の茶会」等が開かれていることを記しておきたい。

最後に、あのドッシリとした「本所松坂町」の石碑を当区にいらしたら是非ご覧いただきたい。そこにはこう書かれている。

「松坂町トテ近世史上著名ノ地ナリ・・・江東ニ於ケル不可失ノ地名ノ永ク後世ニ伝ハラムコトヲ希ミ」とある。

福島秀男顧問(S18政)が新聞に掲載されました/東京新聞H27.8.11

福島秀男顧問(S18政)が新聞に掲載された記事を紹介します。
・東京新聞(H27.8.11掲載)  ・読売新聞(S60.9.27掲載)

墨田区三田会さんの写真←ラジオ体操会場の福島顧問

東京新聞 H27.8.11から

「新しい朝が来た 希望の朝だ〜」
7月31日、東京都墨田区の緑町公園での体操会。青空の下に集まった150人を前に、同区の卸売業福島秀男さん(94)が指導した。

ラジオ体操歴48年、10年以上風邪知らず。

「毎日同じ場所、時間に春夏秋冬の美しさを感じつつ健康に過ごす喜びは大きい。100歳になる2020年の東京オリンピックまで続けたい」と話す。

H27.8.11 東京新聞・掲載記事

墨田区三田会さんの写真

また、昭和60年9月27日に読売新聞からも取材を受けていらっしゃいますので、併せて紹介いたします。

 読売新聞 S60.9.27から

「毎日が理想的な体調でね」。墨田区亀沢で鑢専門問屋を経営する福島さんは自慢のつやつやした髪をかきわけながら胸を張った。

管理社会とかストレス社会、あるいは半病人時代とか言われる現代にあって、「いつも理想的な体調」と自信を持っていうこの人の健康の秘けつは十八年続けている早朝ラジオ体操である。

福島さんの一日を追ってみた。朝五時三十分に起床、六時に街に出る。自宅から隅田川沿いに、三十分間約三㌔の散歩。間に十分間だけ駆け足を入れる。「漫然と歩くだけでもつまらない」と、長年の間にあみだした福島式ジョギングである。目的地はラジオ体操会場の都慰霊堂。三三五五集まってきた参加者は四、五十人。六十歳から八十歳までのお年寄りが多い。

六時半きっかりに、音楽が鳴り始めると、ラジオ体操始まる。第一、第二体操合わせて十分間、身長一㍍六八、体重六十㌔。均整のとれた体が実にしなやかにきびきびと動く。

「朝が早いから、人も車も少なくって静かでねぇ。雨上がりの日なんか、空に浮いているゴミが洗い流されるせいか、空気がきれいで気持ちがいい。それに、春は黒提の桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色、こんな東京の街中でも、景色があって楽しいものですよ」。そう語る福島さんは、身を乗り出し、目を輝かせ実に楽しそうだ。

三代目の江戸っ子である。祖父、由太郎さん(故人)が明治十四年に福井県から上京。今、ヤスリ問屋を営むこの地で、ヤスリ製造会社を経営、二代目三郎さん(故人)、秀男さんと続く。その間百四年間。関東大震災、東京大空襲、終戦という激動の歴史をくぐって来た。

震災では、祖父と家族と使用人など二十人が被服廠(現都慰霊堂付近)で焼け死に、祖父と三男で福島さんの父、三郎さんとその弟が生き残った。

太平洋戦争では、福島さんも昭和十八年から二十一年まで三年間、北京、南京などの各地を転戦。復員してみると、大空襲で、土蔵を残しすべて灰になっていた。

「家族が無事だっただけでも幸運でした」と福島さんは当時を振り返る。

終戦の翌年に帰国して、ヤスリ卸問屋を再開、戦後の混乱の中で無我夢中で働いた。

「これで何とか食って行けそうだ」と生活にゆとりが感じられるようになったのは、高度成長期の昭和四十二年ごろ。ふと気づくと、五十の坂も間近で、長年の無理がたったのか胃の具合が悪いかと思えば、肩がこったり、いつも何やら体調がおもわしくない。そのころ近所で早朝ラジオ体操をしているのを聞き、軽い気持ちで参加したのが習慣になった。

「年齢的にも経済的にも、ちょうど私の人生の転換期にであったかもしれません」と、福島さんはいう。

朝早く起きると、昼の時間がたっぷりとある。その時間を利用して、福島さんは五年前から詩吟も始めた。ラジオ体操のおかげで声がよく出るせいか、最近では同門の競演会などで優勝するまでに上達した。

「たかが十分間のラジオ体操が、これほど後半生を充実させてくれるとは、思いもよりませんでした。福島さんは、かけがえのない友をいつくしむようにそう語った。

 S60.9.27 読売新聞・掲載記事↓

SKMBT_C55415100109500_0001

 

 

 

2015年9月30日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai

「気品の泉源はダイエットにあり」寄稿:稲嶺幹事長

寄稿:墨田区三田会 幹事長 稲嶺清孝(昭和55年経済卒)

CIMG0669

 

昭和55年(1980年)経済卒業の稲嶺です。

下町育ちの粗忽者で、まちがっても上品とはいえない雰囲気を持っていますが、慶應義塾の目的として掲げられている「気品の泉源、知徳の模範」という言葉が大好きです。

気品のある人間になりたいと思い続けています。

日吉の高校に通っているころから、友人の勧めでオーケストラの会員になって月に一度音楽鑑賞を始めました。東横線のなかでクラッシクの楽譜(スコア)をみて「気品のある生活だなあ」とひとり悦にいっているという高校生でした。ちなみに音符は読めないので、今風にいう「エア・クラッシクファン」というインチキをやっていました。

それからも「気品ある人生」への憧れは続きます。最近ではワインに詳しくなって気品を身につけようと思い立ち、ワインのセミナーに出席したり各地のワイナリーを廻ったり、はたまたボジョレヌーボー解禁といえばホテルで深夜にカウントダウンして大騒ぎをして新酒を飲んだりしていました(写真)。

「このワインのブドウはピノノワールに似ているね?」などと周りに圧(あつ)を与えながら、少し上品な人間になったような錯覚に陥っていました。しかし、もともとアルコールに弱いうえ、味覚も乏しかったのでワインの道は究めることはとうてい無理だとすぐに気づきました。

あるお店でワインと思って飲んでいたのが日本酒だった時には自分自身ガッカリしました。去年からはウイスキーのわかる「大人の気品」に触れようと思い立ちましたが、これも暗礁に乗り上げています。

ここはひとつ考え方を変えて、気品を藤原正彦氏の「国家の品格」でいうような武士道に求めようかと思っています。

武士は食わねど高楊枝。この精神でいこう、がつがつ食するのではなく、我慢に我慢を重ねる、これが品格だ、気品だ、と結論づけようかと思います。

つまり気品ある人間はブクブクせずに、すっきりした体型でなくてはいけないのだ、と思いはじめています。とはいうもののあいかわらず食欲は旺盛で何を食べてもおいしいし、何より空腹に弱くて、我慢してもすぐにへこたれるのですが…。

近日中に気品ある人間になる予定です。

皆さんとお会いした時に「すっきり、スマートな体型」になっていたら一歩「気品」に近づいていると思っていただきたいと思います。

 

2015年7月14日 | カテゴリー : 幹事長寄稿 | 投稿者 : mitakai

H27.5.16 春のゴルフ会が開かれました

春のゴルフ会/大千葉カントリー倶楽部にて

墨田区三田会 春のゴルフ会 (5月16日 大千葉カントリークラブ) 午前中はあいにくの雨でしたが、参加の皆さんは日頃の実力を出し切って?楽しいゴルフとなりました。

塾出身の永野千秋プロ(サトーホールディングス所属)と一緒のラウンドしていただき「目から鱗」のアドバイスをもらって参加の皆さんも大満足でした。

優勝は佐々木さん 準優勝は広浜さん 三位は初参加の鈴木敦子さんでした。

次回は11月3日の予定です。皆さんの参加をお待ちしています。

IMG_4147  IMG_4148

IMG_2794 IMG_2795 IMG_2798 IMG_2799

IMG_2793  IMG_2789

2015年5月18日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai

H26.11.8秋のゴルフ会 優勝のご挨拶(58商卒:藤野保夫さん)

≪墨田区三田会 秋のゴルフ会 優勝のご挨拶≫

拝啓 紅葉の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、このたび11月8日(土)に墨田区三田会の秋季ゴルフ会が、栃木県の佐野ゴルフクラブで開催され、グロスが101というスコアだったにもかかわらず、新ぺリア方式ルールのため、幸運なことに優勝することができました。

東京転勤の後、今年に入ってから新人として墨田区三田会に入会させていただき、ゴルフ会参加もまだ2回目でしたが、周りの大先輩の方々のアドバイスにも助けていただき、コンペで優勝できましたことは、大変ありがたく嬉しく思っております。

これからも東京勤務が続く限り、墨田区三田会の各種イベントに可能な限り参加させていただき、会員皆様との懇親を深めてゆきたいと思っておりますので、今後とも何卒ご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書中をもって優勝のご挨拶を申し上げます。

敬 具

平成26年11月11日

昭和58年 商卒 藤野 保夫

卒業旅行の思い出 寄稿: 中嶋副会長

 卒業旅行の思い出
 墨田区三田会副会長 中嶋 雅弘(昭和44年 商学部卒業)
IMG_0268 IMG_0195 - コピー

私事ですが、昭和44年今で言う卒業旅行とでも言うのでしょうか、当時東名高速道路の無い時代(因に名神高速道路は有りました)雀友を頼って自動車で何千㎞になるのかわからない九州一周ドライブを試みる事となりました。

先ずは、今では考えられない光景であろう、箱根のターンパイクでのオーバーヒートによる休憩。

そして友人の実家のある豊橋へ、又その友人と合掌造りで有名な岐阜の養老の友人宅へ、後で分かったことですが、友人も同様に夜中トイレには困惑したそうです。それほど家が大きく広かったのです。

そして予備校が一緒だった他のクラスの名古屋の友人宅でも一泊お世話になり、途中大阪では当時としては初めての、カウンターの中が女性だけのスタンドバーで数人と一杯やりましたが、帰京後、東京にもこのスタイルの店が出来、仕掛人は大阪だという事で「流石、食の大阪だ」と感心した思い出があります。

更に広島では、クラスの友人と別のクラスの彼の友人宅二軒の家のお世話になり、九州に向かう事となり、本州を最後に関門トンネルを通って念願の九州に到達し、現地でハマチを食べましたが、本場もんはこんなに弾力があるのかと交通事情が良くない時代か、高級店で食べられる身分ではなかったかは定かではありませんでしたが、これも又思い出の一つです。

友人の実家のある別府で宿をとり、当地の賑わいには驚かされたものです。阿蘇・天草五橋・熊本・霧島・鹿児島・宮﨑日南海岸・中津等を回りました。宿泊は鄙びた霧島と当時新婚旅行のメッカ日南海岸、それはフェニックスの林立する異国の地である様に思われました。

帰路、鍾乳洞のある秋吉台を見学し湯田温泉に宿を取りましたが、当時泊まった宿の名前は忘れましたが凄い賑わいだった事は覚えています。

偶々今年3月、広島勤務の倅夫婦とその湯田温泉に行く事になり、45年の歳月は当地の賑わいを失い下関商店街 秋吉台の土産店の疲弊、高齢化、後継者不在と聞きましたが、高速道路網、新幹線等が関係しているように思われます。

一年では高校時代の友人二人と仙台、松島・中尊寺・十和田湖・八甲田・青森、鈍行での東北周遊。帰りは青森上野間夜行で十八時間要しました。

二年でも高校の友人二人と信濃大町・糸魚川・金沢等の北陸周遊。

三年では一人で十八時間に五時間半かけての青函連絡船を使用した北海道周遊。因に金沢と札幌でクラスの友人に世話になりました。

四十五年の歳月は、日本国内のインフラを大きく変え、本当に人間を幸せにしているのでしょうかね。

スローライフの時代に思いを寄せ懐かしむ、あっしも旧い人間でしょうかね。

 

2014年9月1日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai

街づくりと江戸野菜「寺島なす」  寄稿:高木 副会長

街づくりと江戸野菜「寺島なす」

寄稿:墨田区三田会副会長 高木新太郎 (昭和41年経済卒)

寺島なす  【寺島なす 】 高木先生 【高木副会長】

寺島なすおはぎ 【寺島なすのおはぎ】

 

 大学定年後は地元との関わりが増えた。今春、孫が二寺小に入学して、母、私、子供、孫と4代続いて通ったことになる。

 現在私が地元で関係している団体は、NPO法人向島学会、すみだ史談会、六三四(むさし)塾、寺島玉ノ井まちづくり協議会(略して、てらたま協議会)などである。いずれも、街づくり、街の歴史等の共通性もあるが、対象範囲、構成員、会の進め方等でそれぞれの流儀があり楽しい。ここでは、てらたま協議会を例にとり、標題のことを述べたい。

 2007年頃(スカイツリーの建設地決定直後)、墨田区から「スカイツリーもできることであり、区も支援するから玉の井地区を人々が集まる場にできないか」という趣旨の提案を、地元商店街が受けた。地元にとり大変ありがたい提案で、地元住民も多数参加し、「玉の井プロジェクト」の名で検討会が発足した。対象地域は玉の井町会と近隣3商店街(玉の井いろは通り、東向島駅前、大正通り)が中心であったが、議論の視野は白鬚神社、向島百花園、木母寺、スカイツリー等の地域資源の連携に及んだ。

 毎月区などと会合を積み、プロジェクトが提示された。変遷を経て、2010年頃「寺島玉ノ井まちおこし委員会」(略称、寺玉委員会)になった。そこでは住民が集まる拠点として、玉ノ井カフェを作った。玉ノ井カフェを基盤にしたイベントが活発化した。こうした街づくりの拠点は重要だが、コストも大きい。区の補助金等では足りず、カフェ運営のため、住民5人が300万円弱の負担をした。

 2014年5月に寺玉委員会から移行したのが、てらたま協議会で、大きく3分野がある。①集会拠点・カフェ部会、②寺島なす部会、③街づくり関連部会である。①は写真展、古本市、豆本づくりワークショップ等。②は寺島なすの苗販売、寺島なすの料理・講習会等。③は街歩き、街の歴史講演、ウクレレ教室等である。また①~③は相互に関連している。

 ここで寺島なすについて略述しておく。我々は当初、地元と関係の深い露伴、荷風、滝田ゆう等の文学路線から出発した。これは有効であり、現在も行っているが、一層の発展のため、江戸野菜の寺島なすを取り入れた。

 寺島なすの歴史は古く、徳川家綱(1650年代)までさかのぼる。徳川幕府は武士等に対する食材確保のため御前栽畑(幕府直轄の野菜畑)を作った。その第一号が隅田村御前栽畑せある。そこで栽培されていたなすが寺島村に伝播し、寺島なすになったと思われる。江戸野菜の中でも古い野菜である。関東大震災により、向島の畑の消滅とともに寺島なすは消えたが、専門家の協力により復活した。現在地元の19店舗で寺島なすを扱っている。

 街づくりの基本は、地元の我が街への心意気だ。墨田に縁のあった皆様、今後とも御協力をお願い致します。

 

2014年8月1日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai

7月10日(木)定例役員会が開かれました

昨夕(7月10日) 向島料亭街のなかの「らん亭」で7月の役員会がありました。

役員会といっても参加は自由ですので新メンバーの藤野さんや鈴木さんも参加です。

お店自慢の塩ラーメンを〆に食べて大満足でした。

もちろん三田会の行事についての話し合いもしました。

__ 4 __ 5 __ 1

2014年7月11日 | カテゴリー : 会員寄稿 | 投稿者 : mitakai