2018墨田区三田会総会 H30.5.19(土)

  H30.5.19(土) 定時総会が開かれました 於:東武ホテルレバント東京

5月19日(土)錦糸町、東武ホテルレバント東京「龍田の間」において、記念講演、総会が開催されました。

慶應義塾 常任理事・駒村様をはじめ近隣三田会から多数参加をいただき、会員を含めて64名が集い、賑やかに行われました。

今年は、総会に先がけ、14時から会場隣のトリフォニーホールにおいて、新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートを鑑賞しました(ジャズピアニストの山下洋輔氏のピアノ演奏とのコラボあり)。

曲目はバーバー「交響曲第1番」、ガーシュイン「ピアノ協奏曲へ調」、バレエ曲「アパラチアの春」。

記念講演は「新日本フィルと墨田」と題し、横山利夫氏(会員・新日本フィル専務理事)の講演、さらに西江辰郎氏のヴァイオリン(新日本フィル コンサートマスター)と津野田圭氏のハープによる演奏が行われ、会員一同しっとりと楽しみました。

総会では、29年度の会計報告、30年度の事業計画が報告され、承認されました。

総会後の懇親会では、嶋田会長とお師匠さんによる踊り(深川、奴さん、かっぽれ)が披露され大いに会場を盛り上げました。

その後、恒例のK賞、E賞、I賞、O賞の抽選会が行われ、元応援指導部の鈴木基晴氏のエールで「若き血」を円陣を組み一同で高らかに歌いました。

   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です