小坂名誉会長(昭34文)が三田評論に寄稿されました

三田評論(27.12月号)「社中交歓」忠臣蔵について寄稿

全文をご紹介いたします。

『義士祭・吉良祭』

小坂和明(墨田区三田会名誉会長、介護老人保健施設 秋光園理事長・昭34文)

「右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ 雲は消えても消え残る 名は千載の後までも」

ー鉄道唱歌(東海道篇)この歌を口ずさめば、一挙に三百十四年前の元禄十五年に起きた、あの天下に名だたる赤穂事件討ち入りの情景が瞼に浮かんで来る。

過去幾多の歴史学者・小説家・劇作家・浄瑠璃作者等により縦横無尽に調査研究されたこの事件は、紙数の上では日本史上一番であろうと思う。

それが私達の住む墨田区であったのであるから、忠臣蔵ゆかりの地として吉良邸跡、回向院、大高源吾の句碑等があることをまず紹介せねばなるまい。

地元では討ち入りの12月のイベントとして、吉良上野介とその家臣を供養する「吉良祭」や地場産品販売もある「元禄市」、また四十七士供養の神事「義士祭」、赤穂市と吉良町の「和解の茶会」等が開かれていることを記しておきたい。

最後に、あのドッシリとした「本所松坂町」の石碑を当区にいらしたら是非ご覧いただきたい。そこにはこう書かれている。

「松坂町トテ近世史上著名ノ地ナリ・・・江東ニ於ケル不可失ノ地名ノ永ク後世ニ伝ハラムコトヲ希ミ」とある。

応援指導部のこと 寄稿:小坂和明名誉会長

応援指導部のこと

墨田区三田会 名誉会長 小坂和明(S34 文卒) 

37_1    mr.kosaka

写真:(上下) 昭和33年創立百年を祝う 外野デコレーション 応援指導部HPより  (右)小坂名誉会長

37_2  

 昭和30年春、大学入学式は三田山上の屋外で開催された。その後日吉の校舎に通うことになり、あの銀杏並木のなだらかな坂道を駅から歩いて行くと種々な部活の先輩達が並んで新入生を勧誘していた。私は重苦しかった高校三年生の一年間をパーッとどこかへ吹き飛ばしたかった。

 そうしたら応援指導部の先輩が歌唱指導会を今やっているから来ないかと誘う。行ったらブラスバンドが華やかに「若き血」他をやっており、慶應の腕章を左袖に巻いた応援部の先輩が大きな声で歌っていた。

 一緒に合格した同じ高校の同級生永岡君(法学部・残念乍ら10年ほど前に他界された)も同じようにメランコリーな受験時代と決別したかったのか、それとも私と同様気分が高揚していたのか、結局先輩の勧誘に簡単に応じ、二人して入部したのであった。入部してみたらやることゝ言ったら想像だにしていなかった雑用が山程あることだった。

 例えば慶早戦前の一ヶ月位は応援器具の作成や手配、新聞社の伝書鳩担当との打ち合せ(開会式直前に放すと神宮球場を何周かして社に戻る)その数十羽の鳩を自動車部の方に頼んで球場まで運んだり、マウンドに落す花束を新聞社機の方と時間等を打ち合わす等々・・・又試合当日は塾生に応援器具を販売したり、配ったりでくたくたであった。

 又慶早戦に限らず試合が終わりに近づくと塾生達は早く帰りたくて出口に殺到する。相手校とのエール交換までは礼儀として、帰せない。だから出口を閉めて部員の中でも屈強なのを立ちはだかせる。当然トラブルが生じる。

 

で、こんな事がありました。

   昭和31年の春であったか秋であったか、忘れましたが当時朝日新聞の夕刊に一頁を割いて「学生欄」があり、そこに東大生が「オレ達はドレイではない」のタイトルでこの出口のトラブルを中心に応援部員の対応を激しく難じた文章が載りました。

 それに対して、私が思う所を素直に書いて投稿したら、10数通同様な投稿の中から選ばれて次週の同じ欄に掲載されました。しばらくして新聞社から「小切手」が送られて来ていゝ小遣いになりました。

 このあといくらでも書けますがすべてハショッテ自慢話をして終ります。

 創立百年を記念して新しい応援歌を作ろうということで大先輩の松本鐵馬氏と同期の団長大塚羨弘君の三人で作詞依頼で葉山にお住まいの堀口大学先生のお宅に伺い種々楽しい高級なお話を伺い又奥様にご馳走になったこと。

 次に作曲を山田耕筰先生にお願いに上り表参道の「南国酒家」で堀口大学先生同様ご馳走になり、ビックリするような猥談の数々を聞かせて頂いたこと。懐かしい思い出です。

そして誕生しましたのが、創立百周年記念歌「王者ぞ我等」です

 

 以上で終らせる積りが申し訳ない。二・三書いておくべき事を思い出しましたので追加させて下さい。

 その一は、中学・高校・大学とズーッと一年先輩で応援指導部の幹部でもありました加賀見俊夫氏のことです。加賀見さんはご存知の通り株式会社オリエンタルランドの代表取締役会長さんで毎年墨田区三田会総会の福引景品に「パスポート」を寄贈して下さっています。

 その二は、他の五大学がエール交換の折り校歌を歌うのに、我が慶應は「塾歌」を歌わず「若き血」を歌っていましたので、誠に非礼であると非難され、やはり加賀見氏と同期の団長藤岡民良氏が大変苦しい立場に立たされ、OB会の大先輩方に相談され結果「塾歌」を歌うことに決定し一件落着致しました。

 もうひとつは私事ですが、開成中学の校歌の作曲者・大学「塾歌」の作曲者は同じで信時潔氏です。私は気持が沈んだ時、この校歌・塾歌を歌って気分転換します。「海ゆかば」も名曲です。